第5回 マンガづくりの現場

開講日: 2019年5月14日

​講師:矢島光

第5回となる今回は、「マンガづくりの現場」と題し、漫画家の矢島光さんによるゲスト講義が行われた。 

まず最初に、矢島さんの学生時代・社会人漫画家時代の私生活に関する話が行われた。


その後学生のための質問時間が設けられ、その質問を元に学生と矢島さんによるディスカッションが行われた。
「なぜヤングジャンプにいったのか?」「研究会はどうやって選びましたか?」「サイバーエージェントをやめてマンガだけで行けるって思った瞬間はありますか?」などといった質問が寄せられた。

次に、今日の授業のために事前に集められた質問への回答が行われた。

「マンガのアイデアはどんなときに浮かびますか?」「コマ割りはどうやって学びましたか?」「どうして漫画家になろうと思いましたか?」などと言ったマンガに関する質問や、「SFCというバックグラウンドが、マンガを描く上でなにか影響しているなと感じることはありますか?」「サイバーエージェントに勤めていたとのことが、マンガを描くときに何か影響していると感じることはありますか?」といった作家の背景とマンガがどのように関係しているかに関する質問などが寄せられた。

最後に、この授業を担当されている講談社の吉井順一さんや加藤文俊環境情報学部教授、学生たちの口頭質問を元にディスカッションが行われた。