第1回 イントロダクション

開講日: 2019年4月09日

​講師:村井純、加藤文俊、佐藤雅明、吉井順一

第1回の講義内容は、この寄付講座「マンガ」のイントロダクションであった。

本講義の目的は、出版の未来での議論を踏まえ、巨大なコンテンツ市場を有する「マンガ」に着目し、その技術的・社会的課題について考えることである。履修者全員で実際に原稿を作成し、一冊のマンガに綴じることを予定している。

各担当者からの自己紹介では、日本のマンガの特徴やマンガについての研究についてのお話をいただいた。加藤先生からは、バンコクの「コナン」のマンガが紹介された。髪質や綴じ方が違うことや、反転されて綴じられているために、翻訳されていない背景の文字が逆転して見えることが興味深く語られた。
吉井先生からは、国際的な文脈において、それぞれの文化や制度と主に形作られていく「マンガ」の変容の仕方、「マンガ」の業界横断的な調査と議論の結集を目的として結成された「APL(アドバンスドパブリッシングラボ)」について説明があった。